慢性疲労症候群とむくみ

あなたは今、次の症状に悩んでいませんか?

☑️ 朝、起きれないほどのだるさで、何もしたくない。

☑️ 6ヶ月以上、強い倦怠感や疲労感が全身を襲っている。

☑️ うつ状態や記憶力の低下がひどい

☑️ 睡眠障害や微熱などの不定愁訴が現れている。

☑️ 病院にいくと うつ病 と診断された。

☑️ 医学的に説明のつかない非常に強い疲労が続く。

これは、もしかして肩こり首こりからくる慢性疲労症候群かもしれません。

慢性疲労症候群は、アメリカで確立された疾患で現代人の新しい病気として注目を浴びています。アメリカでの患者数は400万人で国民病とされています。

この病気は、根本療法は確立はされてはいません。原因もわからず、治療もはかどらないため、周囲からはなまけ病とみられていまいそのため孤独感を深めていっそう症状を悪化させてしまうケースがあるそうです。

一般の病院では、ビタミン療法や薬物療法が行われていますが、対症療法にすぎないです。

当院に来られるクライアントさんで病院で慢性疲労症候群と診断された方の姿勢や筋肉のコリを診てみると共通点があります。それは、

姿勢については首が肩に対してかなり前方にいっている。

・肩甲骨周りや首がかなり固く凝っている。

・首可動域が健康な方と比べると極端に悪い。

・首の筋肉(胸鎖乳突筋・肩甲挙筋)が石のように固くなって血行が悪い。他の身体の部分と比べても温度が低かったりする。

という状態の方が多いです。

首には自律神経などの身体を調整する為の大事な神経が集まっています。ここの部分が働かなくなると色々な症状が出てきます。

  • 気分障害
  • 睡眠障害
  • 筋肉障害
  • 疲労感
  • 風邪の様な症状
  • 筋肉痛

等の症状が出てきます。この首がかなり凝っている状態から発生する症状と慢性疲労症候群の症状とかなり似ていませんか

当院では10年間の臨床の中で、首の状態を良くすると時間はかかりますが、かなりの頻度で慢性疲労症候群の症状が治まってくる方が多いです。もちろん治療だけではなかなか改善するのは難しいですが日常生活で首が凝らない様に姿勢を良くしたり首が冷えない様に温めたり体温を上げる様な食事を心がけたりすることで改善されます。一緒に頑張っていきましょう!!

当院の治療としては、骨格と筋肉を整える治療を各個人にあったやり方でやっています。

また慢性疲労症候群の方に多いのがむくみの症状が出ている事です。

むくみ についてお話ししたいと思います。 

最近、久しぶりに会ったお友達から

むくんでない?

ってよく言われませんか? 1週間前にリンパマッサージ行ってむくみや肩こりをとってもらったのに・・・ って方すごく多いです。

肩こりの原因は、首が前にいっているから、そのせいで首・肩についている筋肉が引っ張られているからとこのブログでご説明しているのですが、むくみ・セルライトの原因として

  • 栄養のアンバランス。
  • 皮膚・筋膜がくっついている。

のが考えられます。

栄養のアンバランスなんですが、3大栄養素 糖(炭水化物)・脂質・たんぱく質 をバランスよく食べるのはもちろんの事ですが、この際に良質のタンパク質(肉・魚)と良質の油をとるのが大変重要です。

当院に来院されるクライアントさんの食事をみてみると ポッキー や ブラックサンダー が大好きって方多いです。寝る前に1箱だけ食べました 朝、むくみ ましたって方多いです。 笑

むくみ・セルライトの方は、タンパク質不足やミネラル不足とくにカリウムが不足している事が多いです。ちょっと難しい話になるのですが、

むくみは血液中のタンパク質濃度が下がる事で水分量が増えます。身体の水分量はナトリウムとカリウムのバランスと血液中のタンパク質の量によって決まります。タンパク質が不足すると体内に水が溜まりやすくなります。

血中タンパク質(アルブミン)が少なくなると、血液中の水分量の割合が増えて血中タンパク質の濃度が低くなります。自律神経の働きによってタンパク質の血中濃度を保つ為に血液中の余計な水分が血管の外に出されるのでそれが むくみ となります。

ここで自律神経が正常に働いていればいいのですが、肩こりから自律神経が乱れる事も多いので余計にむくんだりもします。

ダイエットをしている方でむくみがひどくなったという声も聞く事もあります。もしかしたら補助食品を食べ過ぎて良質なタンパク質が不足しているせいかもしれません・・・   ひどくなると低アルブミン血漿とになったりして、栄養素の運搬や老廃物排泄の機能が落ちたりして大変です。

カリウムが多い食材は さつまいも ほうれん草 アボガド バナナ 等があります。

今回の内容は、難しかったと思いますが むくみの防止に必要な事は、

  • 良質なタンパク質を摂る
  • 自律神経を整える→首・肩が凝らない姿勢にする。→筋肉を緩める

といった事が重要になってきますよ。




なの花鍼灸整骨院

東洋医学を使った治療はお任せください!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

鍼灸治療が中心の治療院を福岡天神で行っています。お体の全身を調整する治療を得意としています。また耳鍼治療を取り入れており、不定愁訴や自律神経の不調を改善することで再発を防ぐのを心がけています。