尿もれの治療

当院では尿もれの治療をしております。

下記の様に痛くない鍼と熱くないお灸を秘伝のツボにする事で尿もれを改善していきます。

 

尿もれの治療 尿もれの治療

尿もれは、骨盤底筋が原因になっている事が多いです。

当院の女性のクライアントさんの悩みに尿もれは多いです。

昔の女性自然と骨盤底筋が鍛えられていました。

現代の様に生理帯がなかったので、生理の際に膣にキュッと力を入れる事をしていたそうです。

また、昔の日本人は畳や床ん直接座ったり、しゃがんだりする生活をしていましたから自然と骨盤底筋が鍛えられていました。

しかし最近では、あまりしゃがむという行為をしない人が増えてきます。

その結果として、骨盤底筋が衰えているのではないか?と思います。

この骨盤底筋を簡単に鍛えるのは、肛門を閉めるというのが一番の運動になります。

この動きにハーフのスクワットをする事で更に効果を高めます。

そうする事で、歪んでいた骨盤が本来の位置に戻ってきて下半身の筋肉が鍛えられます。

そうすると姿勢も良くなってウエストやせやヒップアップといったダイエット効果も期待できます。

毎日10回ずつでもしていくといいですよ。

また、古来より日本の武道において肛門を閉めるというのは大変重要視されてきています。

それは、肛門を閉める事で骨盤底筋を鍛える事で自然と、身体のバランスが整ってパフォーマンスが上がるからです。

しかし筋肉が衰えてくると、なかなか自分で元に戻すのは困難になってきます。

この筋肉に対して はり と お灸 が効果を発揮して尿もれを改善していくのです。

鍼の心地よい刺激とお灸のほどよい温かさによって筋肉を緩めて乱れた自律神経を元通りにしていきます。




なの花鍼灸整骨院

東洋医学を使った治療はお任せください!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

鍼灸治療が中心の治療院を福岡天神で行っています。お体の全身を調整する治療を得意としています。また耳鍼治療を取り入れており、不定愁訴や自律神経の不調を改善することで再発を防ぐのを心がけています。