顎関節症で現れる3つの症状

顎関節症の代表的な症状は、

・あごが痛む

・口を大きく開けられない(開口障害)

・あごを動かすと音がする(関節雑音)

の3つがあります。実際にはこれらの症状1つだけでも起こる事もありますが、
2つ以上重なって起こる事が多いです。

当院に来られるクライアントさんで顎関節症で訴える症状のうち、最も多いのは

アゴの痛みです。

痛む箇所は顎関節部が主に起こる事が多いです。その周辺の頬やコメカミなどが痛む事もあります。
他にも歯が痛い、頭痛や肩こりがする といった訴えをする事もあります。

顎関節症による痛みが起こるのは、口を開け閉めする際に起こります。

開口障害は、これは口を大きく開けられないです状況をいいます。

無理に口を開けようとすると、痛みを伴うこともあります。

それまでは開口障害はなかったのに、いきなり口が開かなくなる場合や口がほとんど開かなくなる事も多いです。

一般には、縦にそろえた人差し指、中指、薬指の3本が入るぐらいの開きがなければ、開口障害と考えていいと思います。

関節雑音

あごを動かした時に、音がすることもあります。これを関節雑音といいます。

ミシミシ ジャリジャリ という音が出た場合は注意が必要です。

関節内の構造に異常が起こっているために生じます。

歯科の専門家によれば、症状が音だけである場合は治療は必要ないとされています。

 

顎関節症には4つのタイプがあります。

Ⅰ型 筋肉の障害

Ⅱ型 関節包・靭帯の障害

Ⅲ型 関節円板の症状

Ⅳ型 変形性関節症

になります。

このうちもっとも多いのは、Ⅰ型です。

顎関節症に関係の深い筋肉は咀嚼筋です。咀嚼筋は頬の部分にある咬筋 側頭筋 内側翼突筋 外側翼突筋の4種類からなっています。

これらの筋肉が何らかの原因で緊張して硬くなると、その部分の血管が収縮して痛みを生じます。

これば筋性の痛みです。筋性の痛みの特徴は、鈍い痛みで、痛みがあっても 痛みの部位を特定しにくいとされています。

また筋肉にトリガーポイントと呼ばれるコリコリした、しこりができる事があります。

トリガーポイントは押すと強く痛み、患部と離れた所に関連痛といった痛みが起こるのが特徴的です。

 

Ⅱ型 関節包・靭帯の障害

これは、顎関節が捻挫をしたような状態です。

 

Ⅲ型 関節円板の症状

Ⅰ型に次いで多いです。主に関節円板が本来の位置から前にずれてしまうタイプです。

上の写真は慶應大学病院のHPよりお借りしております。

関節円板が正常でなくなると様々な症状が発生してきます。

Ⅳ型 変形性関節症

顎関節に強い負荷が繰り返し、あるいは長時間持続して加えられると、骨の表面が吸収したり、辺縁に新たな骨が作られることがあります。この状態になってものを変形性関節症といいます。

 

以上のように、顎関節症は4つに分類されていますが、実際には 筋肉の障害 関節円板の障害 関節包・靭帯の障害 関節円板の障害 が複数の症状が伴う事が多いみたいです。

顎関節症とは、アゴの関節の周りに何らかの異常が生じる病気です。

食べ物を食べたり、話をした後にアゴがだるい、疲れる。口が開けづらい、口を開けしめすると音がする。

いったトラブルになった事はありませんか?

実は、自覚のない人でも検査をしていみると約70%の人に異常が見つかります。

女性は男性に比べると4倍近く、顎関節症になりやすいです。

なかでも若い女性が中心です。年代別の患者を見ると、20歳代が最も多く、30歳を過ぎると次第に減少します。

どうして女性に多いのでしょうか?

これは、女性の方が顎関節の靭帯が柔らかくて、顎関節の噛み合わせがしっかりしていないからです。

更にある研究者によると女性ホルモンの関係があると言われています。

顎関節症を治すには、生活習慣を正さないといけません。

ここで自己チェックをしてみましょう!

✅ 食べ物を噛んだり、長い間しゃべったりすると、あごがだるく疲れる。

✅ アゴを動かすと痛みがあり、口を開閉すると特に痛みを感じる。

✅ 耳の前やコメカミ、頬に痛みを感じる

✅ 大きなあくびや、りんごの丸かじりができない。

✅ 時々、アゴが引っかかった様になり、動かなくなる事がある。

✅ 人差し指、中指、薬指の3本の指を縦にそろえて、口に入れる事ができない。

✅ 口を開閉したとき、耳の前の辺りで音がする。

✅ 最近、アゴや首、頭を打った事がある。

✅ 最近、噛み合わせが変わったと感じる。

✅ 頭痛や肩こりがよくする。

いかがでしょうか?
いくつか該当する項目があった場合は注意が必要です。

特にアゴの動作によって痛みや違和感がある場合は顎関節症を疑った方がいいと思います。

次は顎関節症には、生活習慣が関わっているとされています。

生活習慣についてもチェックをしていきましょう。

✅ 歯ぎしりをしていると言われた事がある。

✅ 日中、気がつくと歯をくいしばっている事が多い。

✅ 食事の際は、いつも左右のどちらか決まった方で噛む。

✅ いつもうつ伏せで寝ている。

✅ 頬杖をつく事がある。

✅ 職場や家庭で、ストレスを感じる事が多い。

✅ 神経質である。

✅ 夜、ぐっすりと寝れない。

これらの項目は、該当するのが多いほど顎関節症を発症しやすいです。(あごが痛い、口が開かない NHK出版 出典です。)

これらを参考にしてみるのものいいと思います。




なの花鍼灸整骨院

東洋医学を使った治療はお任せください!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

鍼灸治療が中心の治療院を福岡天神で行っています。お体の全身を調整する治療を得意としています。また耳鍼治療を取り入れており、不定愁訴や自律神経の不調を改善することで再発を防ぐのを心がけています。