自律神経失調症を早く治す 6つの事

今回は、毎日の生活に取り入れたい自律神経を整える6つの事について述べていきたいと思います。

1つ目として ゆっくりとすごす。

これは自律神経失調症の大敵となるストレス。うまくいかなかったり、辛かったり、イライラしたりする事があれば
焦らず、一度立ち止まって、ゆっくりと呼吸する。ゆっくり微笑む、ゆっくり動くを心がけてみましょう。
きっと、あなたの交感神経優位が副交感神経優位となることでしょう。

2つ目として リラックスできる香りを身につける です。

昔から洋の東西を問わず、香りをリラックス効果に用いる事は多かったです。
心地のより香りは、自律神経の副交感神経を整えるのに大変効果があります。
好きな匂いをかぐと副交感神経の働きが上がってきて、お身体の末梢の血流がよくなります。
ぜひ、試してみてください。

3つ目として リラックスするために入浴をする です。

ゆったりとした気分で湯船に浸かる事は、よい睡眠をとるのに不可欠です。
血流を促す事で身体の深部体温を適温に保つ事で自律神経の副交感神経もきっと整います。

4つ目として 音楽を聞く です。

好きな音楽を聴くと、それだけで気分がよくなって自律神経が整います。
なかでもお薦めは、クラシックです。
心地よいリズムが、自律神経の副交感神経を安定させていいです。

5つ目として 無理にでも笑顔になる です。

嫌な事があると下を向いて、背中も丸くなりがちです。
そうなると呼吸に大事な気道も狭くなって、呼吸が浅くなります。
そうなると自律神経は乱れてしまいます。
上を向いて笑ってみると、乱れた自律神経が自然と整います。
また、口角を上げるだけで副交感神経が優位に働いて身体の血流もよくなります。
試してみるといいかもしれません。

6つ目として 友達や動物と触れ合うです。

友達や恋人でも、付き合う時にはその人といるとなぜか自分の自律神経が安定してきて、心も身体も楽しくなります。相手に合わせようと無理はせずに自分の気持ちに正直になり、気のすすまない人には会わない等の割り切りも大事になってきます。また、動物と触れ合うのもお薦めしています。
これは、犬や猫と一緒に暮らしていると、疲れた時や辛い時に心を慰めてくれる家族の様な存在だからです。
優しく動物と触れているうちに自律神経の乱れが不思議と落ち着いてきますよ。また、花や自然を見るのもいいです。

また、以下の様な症状でお困りではないでしょうか?

すぐに休憩を取りたくなって寝ても、寝つきが悪く朝起きると肩が痛い・・・

天気がいい時は、調子がいいけれど雨の日や曇りの日にはだるい・・・

何かイライラして大好きなお気に入りのスイーツを食べて、食べた後に後悔してしまう・・・

これって肩こりからくる自律神経失調症かもしれません。

当院のクライアントさんで痛くなるのは、この赤い丸の所の肩甲骨の上方の所肩甲骨と背骨の間の所が多いですね。クライアントさんによっては、首の所も痛くなったり違和感を感じていることありますね。こういう方の9割がツライ肩こりとなっています。

肩こりがひどくなると肌荒れもしてきます。

肩こりからくる肌荒れについてお話したいと思います。 何でまた、肩こりから肌が荒れるの?って思った方、

あなたのお肌の状態はいかがですか? カサカサして美容液をつけてもその時はいいけど2〜3日経つと元に戻ってしまう・・・  急に最近、おでこにニキビができ始めた・・・

って状態じゃないでしょうか? それに伴いもとから肩こり腰痛があったけど最近特にひどいからマッサージを受けたけど、余計痛くなった・・・ 毎日ピィラティスやゴルフをして家に帰って夕食を作ろうとしても、面倒くさいからお気に入りのピザ屋さんにデリバリーを頼んでいっぱい食べたら翌朝、胃がもたれて、顔に吹き出物ができてた・・・ という負のスパイラルに入ってる方結構多いですよ。

では、なぜ肩こり腰痛から肌荒れになってしまうのでしょうか?それは、あなたの姿勢が乱れて自律神経が乱れているからですよ。 必ずしも姿勢が乱れて自律神経がおかしくなるという事はないのですが、詳しく説明すると

姿勢が乱れて→肩や腰の筋肉が硬くなる→首にも影響があってそこにある自律神経にも影響が出る→自律神経のバランスが乱れる→胃腸の調子が悪くなる→肌にも影響がでてくる→肌に影響が出てくるぐらい悪くなるとホルモンバランスも崩れる→炭水化物が食べたくなる(糖質には中毒性があります。) といった感じになってしまうからです。

これを繰り返しているとなかなか治りにくい 自律神経失調症になってしまいます。

この様な状態にならない為には自律神経が狂わない事が大事です。また、肌荒れを防ぐには排泄と解毒も大事になってきます。

つまり消化器系と循環器系の2つの仕組みが肌の状態を良くする鍵です。消化器系や循環器系を身体の中で司っているのは 自律神経 です。ですので、当院の治療としては自律神経が集まっている首への負担を減らす様な治療をしつつ姿勢も良くしていく治療がメインとなります。

また、正直に申しまして肌荒れの場合治療だけではなかなか改善しません。治療をしつつ、クライアントさんも野菜を多くとる食事に切り替えていただく必要があります。野菜のパワーで排泄と解毒を促して乱れた食生活で溜まった体内なある有害な毒素を出すといいですよ。どういったものがいいかと言うと、玉ねぎ トマト ウコン 枝豆 ですね。

あと、肌荒れされている方は、食べ過ぎている傾向があるのでプチファスティング(簡単断食)をするといいかもですね。1日3食のうち1食だけを野菜たっぷりのジュースにするとかお勧めです。完璧な断食はしない方がいいと思います。いきなりするとリバウンドが必ずあるので危険です。時間はかかりますが手軽に始めれる事からしていきましょう。

何で痛くなるんでしょうか?

当院に来られているクライアントさんを姿勢分析をすると、頭が肩に比べると前方にいっている事が多いです。頭が肩に比べて前にいくことで、首や肩の筋肉が引っ張られて肩こりが発生してしまいます。

首や肩の筋肉が常に引っ張られている事で、首の筋肉が固くなって首にある自律神経の働きが悪くなって、朝料理を作ろうとしたりする際にすぐに横になったり休憩をしたくなったりなります。

自律神経が乱れると寝つきが悪くなって寝ている間に身体の回復が遅くなって、起きるのが億劫といった悪循環となっていきます。

あと大事なのが、マクラ になります。 以前、枕についてブログに書きましたが

枕は、めちゃくちゃ大事です。タオル枕は、自宅で簡単にできるのでやってみるといいかもですね。

女性の場合、ホルモンの関係上、自律神経が乱れやすいです。

食事といった栄養バランスも大事になってきます。

何かイライラして大好きなお気に入りのスイーツを食べると一時的には、血糖値が上がって元気になって気がしますが、すぐに落ちてしまい体調も悪くなる方がいます。これは、血糖値スパイクと言われるものですが身体にはよくないです。栄養バランスが偏っている、つまり炭水化物(糖質)が多く、脂質やタンパク質(肉・魚等)が少ない方にみられる傾向です。糖質を少し減らして、脂質やタンパク質を多くする食事を心がけるといいですよ。

肩がこったからといってマッサージ等でぐりぐりと肩の痛い所にぐりぐりしても一時しのぎでしかありません。肩や首のこる原因があるので、それを取り除かない限り根本的な改善は難しいです。首等からくる肩こり、自律神経の乱れを治すのは時間がかかりますが、安心してお任せください。

お気軽にご相談ください。




なの花鍼灸整骨院

東洋医学を使った治療はお任せください!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

鍼灸治療が中心の治療院を福岡天神で行っています。お体の全身を調整する治療を得意としています。また耳鍼治療を取り入れており、不定愁訴や自律神経の不調を改善することで再発を防ぐのを心がけています。