心身症型の自律神経失調症

自律神経失調症の症状は全身倦怠感、めまい、頭重、頭痛、動悸、便秘や下痢、ほてり等です。

微熱が続いたり、身体がフワついて足が地についていない感じがしたりする場合もあります。

また症状は人によって様々で、身体の各部分や全身に現れたり身体の症状だけでなく

怒りっぽくなったり集中力がなくなるなど、精神的な症状として現れます。

体質や生活習慣、社会的な環境などによって大きく左右されます。

自律神経失調症の中には、別の病名のある病態も多くあります。

症状が特定の器官に現れる場合で、過換気症候群、片頭痛、過敏性腸症候群、多汗症があります。

過換気症候群

過換気症候群は、精神的不安や極度の緊張などにより過呼吸の状態となり、血液が正常よりもアルカリ性となることで様々な症状を出す状態です。神経質な人、不安症な傾向のある人、緊張しやすい人などで起きやすいとされます。何度も呼吸しようとすると、血液がアルカリ性に傾くことで血管の収縮が起き、手足のしびれや筋肉のけいれんや収縮も起きます。このような症状のためにさらに不安を感じて過呼吸状態が悪くなって症状が悪化する悪循環になってしまいます。

片頭痛

片頭痛という名称は頭の片側が痛むことに由来しています。実際には半数の片頭痛のある方が両側性の頭痛を経験してます。片頭痛は前兆の有無と種類により「前兆のある片頭痛」と「前兆のない片頭痛」などに細分類されています。片頭痛の特徴としては、拍動性があり、吐き気や嘔吐があり、光や音に敏感となって体を動かそうとすると悪くなります。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、お腹の痛みや調子が悪く、それと関連して便秘や下痢などのお通じの異常(排便回数や便の形の異常)が数ヵ月以上続く状態になります。

多汗症

多汗症は汗が病的なほど異常に出るのが多汗症です。大きく分けると局所性多汗症と全身性多汗症があります。局所性多汗症は、汗をかきやすい体質に精神的な影響が加わったものがほとんどです。全身性の多汗症も多くは体質的な問題があることが多いです。

これらの場合は、自律神経失調症という病名よりもむしろそれぞれの病名で取り扱われるのが一般的です。

女性は更年期、分娩、月経など内分泌(ホルモン)の変動によって自律神経失調症になりやすく更年期障害、月経前症候群といった名称でよばれる場合も多いです。思春期にかけてよくみられるもにとして立ちくらみや脳貧血などの循環器症状が出てきます。

以下は国立精神・神経医療研究センターより転載です。

心身症とは、各科が対応する身体疾患の内、発症や経過に心理社会的ストレスの影響で機能的(器質的)な障害を伴った疾患群です。日常生活で仕事や対人関係などの心理社会的ストレスに無頓着や無自覚な場合に発症・悪化することが多く一般的治療では改善困難です。

 

心身症型自律神経失調症

つまり心身症とは、精神的なストレスが関わった身体の症状の総称 です。

心身症型の自律神経失調症とは、ストレスによって身体に変調をきたして、自律神経が乱れてしまう症状です。

・症状に波がある

・すぐに再発してしまう

・身体の病気がなかなか治らず薬が増えてしまう

・大きな生活上の変化があった

・周囲の人や雰囲気に合わせすぎる傾向がある

といった方は注意が必要です。

 

本態性型自律神経失調症・神経症型自律神経失調症・抗うつ型自律神経失調症

他にも本態性型自律神経失調症・神経症型自律神経失調症・抗うつ型自律神経失調症

があります。本態性型自律神経失調症は、生まれつきの体質によって自律神経のバランスが乱れやすいです。
このタイプの自律神経失調症の人には、低血圧や虚弱体質、体力に自信がない人などに多いです。そのため病院で検査をしても特に異常がないことが多いです。

神経症型自律神経失調症とは、心理的な要因によって生じやすいです。自分の身体の不調に敏感な人がなりやすく、些細な精神的ストレスであってもすぐに体調を崩してしまいがちです。

抗うつ型自律神経失調症とは、ストレスを積み重ねていくことによる「うつ症状」によって生じます。心身症型自律神経失調症がさらに進行していくと、このタイプになると考えられています。

 

自律神経は普段、意識していない間に内臓や血管などの働きをコントロールし、体内の環境を整えている神経です。この神経は交感神経副交感神経の2種類が存在していまして、その両方の神経によって体の各臓器をコントロールして自律できるように働いています。

その働きのことを恒常性(ホメオスタシス)といいます。例えば、心臓の拍動は私たちが意識して動かしているものではなく、自律神経の働きによるものです。

自律神経失調症の治療には鍼治療、特に耳鍼が大変有効です。

耳鍼は実はアメリカ軍でも使用されている治療方法です。

米軍で行われている鍼灸の耳つぼ

2019年9月15日

気になる方はお気軽にお尋ねください。




なの花鍼灸整骨院

東洋医学を使った治療はお任せください!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

鍼灸治療が中心の治療院を福岡天神で行っています。お体の全身を調整する治療を得意としています。また耳鍼治療を取り入れており、不定愁訴や自律神経の不調を改善することで再発を防ぐのを心がけています。