女性ホルモンの分泌を多くする運動と食べ物

女性ホルモンは2種類あります。

身体の働きを調整するホルモンは、全部で40種類以上あります。

その中で女性ホルモンと呼ばれるのは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、

黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。

 

女性ホルモンは、
脳からの伝達で卵巣から分泌される。

卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)を

分泌しているのは実は卵巣です。
卵巣にその指令を出しているのはです。

脳の中でも視床下部が命令を出してます。

この部分からGnRH(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)が分泌されると、

その刺激を受けた視床下部の下にある脳下垂体から、
FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)という
2種類の性腺刺激ホルモンが分泌します。

この2種類の性腺刺激ホルモンに刺激されて、
卵巣から卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が

分泌されるしくみです。

卵巣からのホルモン分泌量は常に脳がチェックしていて、減ってくると増えるように、増えれば減るように指令を出します。このようにフィードバック機能が働いているのです。

ところが視床下部はストレスの影響を受けやすく

これが働かなくなると、生理の状態や身体にも影響が出てきます。

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)

子宮に働いて受精卵のベッドとなる子宮内膜を厚くする働きをします。
女性らしさを作るホルモンとして、乳房の発達、筋肉、脳、
自律神経などの働きにも関係しています。
思春期から分泌量が多くなり、30代後半でピークに達し、更年期になると減少します。

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)

子宮内膜を受精卵が着床しやすいように整える事で妊娠を促します。
体温を上昇させる働きもあって妊娠した際は分泌が続いて
子宮環境を整えます。

 

この女性ホルモンの分泌を促すには、サイクリングやウォーキングがいいです。

規則正しいリズムでペダルをこぐと、セロトニンの分泌を促すのに効果的です。
無理のない快適なペースで続けると運動の習慣にもなり、血液や骨を強くして
骨粗鬆症の予防にも効果的です。

 

ウォーキングは自律神経を整えるのに欠かせない幸せホルモン
と呼ばれているドーパミン、セロトニンの分泌を促す働きがあります。
歩く場合は、背筋と膝を伸ばしていくことで、肩幅ぐらいの歩幅で、正しい姿勢で
歩きます。

忙しくて時間がない場合は、その場での足踏みをしたりするだけでも効果はあります。

 

 

毎日、食べる物が女性ホルモンに影響します。

過剰なダイエットや偏食は、女性ホルモンの分泌に影響があります。

規則正しい生活によって、体内時計を正常に保って女性ホルモンの分泌
をしていくのが重要になってきます。

特に女性に摂っていただきたい栄養と食材は

大豆、鉄を含む食材であるビタミンB6を含む食材
オメガ3の油、骨を丈夫にする食材です。

大豆

大豆に含まれるイソフラボンは身体の腸内細菌によって分解されて、大豆イソフラボンアグリコンと
いうものになります。これは、エストロゲンと同じ作用をします。
骨や肌を丈夫に綺麗にする働きがあります。

鉄を含む食材

女性は特に鉄分やビタミンB6は幸せホルモンのドーパミンやセロトニンの合成や分泌には欠かせないです。
鉄分は小松菜やほうれん草、魚、レバーに多く含まれています。

 

オメガ3の油

女性ホルモンの原料となるのが、タンパク質(肉や魚に多く含まれる成分)と脂質です。

特に亜麻仁油、しそ油などに含まれるα-リノレン酸や
青魚の油に含まれるEPA、DHAなどのオメガ3脂肪酸は女性ホルモンに
いい影響を与えます。

くるみには、ナッツ類で最も多く含まれています。このオメガ3脂肪酸は、マグロ、イワシ、サバといった青魚の脂肪分に多く含まれる、海洋由来のDHA、EPAと同じ仲間の脂肪酸です。

 

骨を丈夫にする食材

年齢を重ねるとともに、女性ホルモンの分泌は少なくなっていきます。
新しい骨を作るためにカルシウム、ビタミンも、ビタミンDやビタミンKも必要です。たんぱく質は骨の大切な材料になるので、十分摂るのが必要となります。

 




なの花鍼灸整骨院

東洋医学を使った治療はお任せください!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

鍼灸治療が中心の治療院を福岡天神で行っています。お体の全身を調整する治療を得意としています。また耳鍼治療を取り入れており、不定愁訴や自律神経の不調を改善することで再発を防ぐのを心がけています。