肩の痛みにマイクロカレントセラピー?

肩を整えてあげると人間の身体は自然と健康になるとわかってきました。

肩の状態が悪い方のほとんどが、首の状態も悪くなっています。それに伴って自律神経も乱れてきてしまいます。

そして、様々な症状が出てきます。

当院は福岡天神にて東洋医学専門治療として皆さまに認知されています。

マイクロカレントセラピー??

と聞いて分かる方は少ないかもしれません。

プロ野球の選手等で、特に投手が肩や肘の故障を早く回復する為にマイクロカレントを当てているのです。

マイクロカレントレベル(低電圧)の電流を使った新しい電気療法は、マイクロカレント電気神経刺激療法 と言われています。

この療法の刺激は微弱ですが、非常に強力な電流です。

治療に使用される電流は、サブセンサリー(知覚で感じられる以下の感じ方です。)

その効果は、細胞レベル表れてきます。

従来の整形外科や整骨院で電気治療を受けられた方にとってはマイクロカレントを受けても物足りない感じがすると思います。

マイクロアンペアとミリアンペアとを比較すると、マイクロアンペアは、より微弱な電流です。

マイクロアンペア(μA)= 1000分の1ミリアンペア(mA)

または1000マイクロアンペア=1ミリアンペア

となっています。

 

マイクロアンペアは運動神経の神経組織を刺激しないので、筋肉の収縮を生じる事はありません。

マイクロカレントの作用については、様々な学説がありますが

ロバート・O・ベッカー博士、ボーン・ノーデンストローム博士によると

マイクロカレントは痛みを制御するだけでなく、治癒作用も活性化するとしています。

それでは、なぜマイクロカレントが筋肉外傷について効果があるというと

筋肉は外傷を受けてしまうと、防御反応として収縮します。

筋肉が収縮すると、その箇所に対する血流が減少してしまって、細胞に到達する酸素の量と栄養素の量が少なくなってしまいます。さらに筋肉が損傷する事で、ATPとナトリウムポンプが働くなってしまって、代謝老廃物が増えてしまって痛みや不快感を生じています。

マイクロカレントを流す事で、ATPを補給して、壊れたタンパク質を修復するのを促進しているからです。

マイクロカレントセラピーの効能として

慢性及び急性の疼痛、腫れ、筋骨格機能障害、組織損傷、滑膜炎、関節炎、骨折、顎関節機能障害、難治性疼痛症候群、傷の治癒及び術後管理

があります。

マイクロカレントセラピーは、FDA(米国食品医薬品局)によると

妊婦、ガン、心臓にペースメーカーを入れている方は禁忌とされています。

しかしながら、肩や肘関節に対してのアプローチは効果があると思います。

*当院では、現在マイクロカレントセラピーの機材を院内での治療を行っておりません。

お気軽にご相談ください。

 



なの花鍼灸整骨院

東洋医学を使った治療はお任せください!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

鍼灸治療が中心の治療院を福岡天神で行っています。お体の全身を調整する治療を得意としています。また耳鍼治療を取り入れており、不定愁訴や自律神経の不調を改善することで再発を防ぐのを心がけています。