回転性とふわふわしためまいと吐き気

自分が動いていないのに、グルグルと目が回る様に感じたり、フワフワとして足元が不安定に感じる事をめまいといいます。

めまいの症状は様々で、グルグルと自分や周りが回っている様に感じたりする回転性めまいが半分以上をしめます。

グルグル回る以外のめまいを非回転性のめまいといいます。(具体的に言うと、まっすぐ歩けない。つまずいたり、転んだりしやすい、ふらふらする等の症状があります。)

めまいには、

・聴神経腫瘍

・中枢性のめまい

・メニエール病

・自律神経失調症

・良性発作性頭位めまい症

・突発性難聴

等があります。この中ですぐに専門の医療機関(脳神経外科、耳鼻科等)に行くべき症状は

聴神経腫瘍からくるめまい中枢性のめまいです。他の症状も行くべき症状ではありますが

聴神経腫瘍からくるめまいというのは、ふらふら、ふわふわなどの非回転性のめまいで耳鳴りや難聴がある場合に気をつけないといけないものです。

中枢性のめまいですが、これは、ふらふら、ふわふわなどの非回転性のめまいで耳鳴りや難聴といった症状がないのですが、けいれん、まひ、ろれつが回らないといった症状がある場合に疑わないといけない症状です。

めまいには、危険なめまいとそうでないめまいがあるので心配な場合には、すぐにお近くの専門の医療機関(脳神経外科、耳鼻科等)に行かれるといいです。

当院は、鍼灸整骨院ですが、当院のクライアントさんでツライ肩こりで来院されて、初回のカウンセリングでしっかりとお話しを伺うと、

ふわふわ、ふらふらしてるですよね・・・ 横になったり座ると楽になるんですよね・・・

っておっしゃる方がすごく多いです。

では、なぜ肩こりからくる自律神経失調症からめまいが発生するのでしょうか?

当院に来院されているクライアントさんの姿勢を診てみると、多くの方の頭部が肩に比べて前にいっています。それによって首から肩にかけての筋肉が常に緊張している事によって筋肉が固くなります。首の筋肉も固くなる事で首にある自律神経の働きが悪くなってその結果として、めまいが発生している事が多いです。

このめまいは、ストレスによってさらに悪くなりやすいです。ストレスって誰にでもありますが、感じやすさは人それぞれですので、うまく解消していくといいですよ。

肩こりからくるめまいは当院でも改善できます。

肩こりから首・肩の筋肉が硬くなって自律神経の働きを弱くしている可能性もあります。

また、当院に来院されているクライアントさんの中に結構いらっしゃるのが、頭痛が何十年も続いている方がいらっしゃいます。

肩こりの治療で、頭痛が無くなる方も多いですが、なかなか良くならない方もいますこのような方には、首への治療をしていくと嘘の様に痛みがなくなって治る事があります。首に不調があると次のような症状が出てきます。当院の経験によると

・耳鳴り

・ふらつき

・視力障害

・倦怠感

・慢性疲労

・頭痛

・のぼせ

・微熱

・耳鳴り

・ドライアイ

・うつ

・更年期障害

・下痢

・便秘

・疲労感

・動悸

・めまい

があります。この様な症状が出てなおかつ首に痛みがある方はカイロプラクティックやマッサージに行って首の筋肉を強く揉んだりしては絶対してはいけません。すると、治療をした翌日はかえって治療前よりも悪くなる事が多いからです。首は、身体のどの部分よりも刺激を受けやすいので信頼おける治療院で治療を受けるのがいいです。症状の中で うつ と診断される事が多いこの首こりですので心療内科で薬をもらって飲んでも改善しないという方は首に原因があるのかもしれません。

首が痛くなったら、ムチウチ直後、外傷直後の急性期のみ冷やしてその他は基本的に温めるのがいいです。どのように温めればいいのかと、難しく考える必要はありません。ヤケドにだけ気をつけて、携帯カイロや蒸しタオルで温めるといった方法をとるだけでいいのです。

タオルを水で濡らして軽く絞ったものをラップで包み、それを電子レンジで1〜2分加熱して、これを乾いたタオルでつつんで首にあててください。また、寒い季節はとくに症状が悪化しやすいものなので、外出の際は必ずマフラーというように習慣化しておくのがいいです。

また、iPhoneで調べものやゲームをしていて首が痛くなって気がついたら1時間経ってた・・・って経験ないですか?

最近、首や肩がものすごく痛い・・・

それってスマホ首かもしれませんね。

スマホ首になってくると、首が前方に変位してますので、首や肩の筋肉が引っ張られて痛みが発生します。首の筋肉が固くなる事で首にある自律神経に影響を与えて、色々な症状が出てきます。人によってはの様になったり不眠になる方もいます。 他にも眼精疲労腕がしびれる頭痛も出てきます。

スマホの使いすぎに気をつけないといけないですね。

 

 

スマホ首になってしまったら、ほとんどの方の首が前にいっているので耳たぶと肩の骨の先 が真っ直ぐなっていないので、気をつけるといいでしょう。よい姿勢は上の図の様に 耳垂 肩峰 大転子 膝関節の前 外果の前 を通るのがいいです。この姿勢になると構造的に首や肩がこったりする事が少なくなります。スマホ首になると常に首の筋肉が緊張しているので、濡れタオルで電子レンジでやけどをしない程度の温度で、首や肩を温めるといいです。

 

0036a57e

具体的にスマホ首で痛めやすい筋肉について詳しくお話します。

当院に来られているクライアントさんをよく診てみると、上の絵に示している 胸鎖乳突筋 肩甲挙筋 に問題が生じているようです。ここの筋肉が張ってきて固くなってくると、重だるい様な痛みはもちろんのこと、シビレが腕の方まできたり、常に肩に誰かが乗っている様な感じがするそうです。中には病状が更に進んでウツ症状が出てきて日常生活に支障がきている方もいらっしゃいます。

西洋医学の病院にいっても、なかなか先生に理解されず、薬も効かず、痛み止めの注射もその場しのぎでしかないみたいです。

当院の治療としては、まずお体の状態を姿勢分析等でしっかりと把握して 骨格 筋肉 両方からアプローチしていきます。首を悪くしている方の7割近くが自律神経に問題を抱えていて、1番多いのが、頭痛 で めまい 不眠 むくみ も出てきます。 また当院は交通事故のクライアントさんも多く来ていただいてますが、交通事故のムチウチ症状と似ています。

首への治療の基本は刺激をあまりしない事が大事になってきます。首の痛みが酷い時にマッサージをすると逆に悪くなります。

首の治療は他の症状と比べると改善するのに時間がかかります。

れって肩こりからくる頭痛なんですよね。頭痛の方って日本の人口のうち悩んでる方は2300万人にものぼります。つまり5人に1人は頭痛持ちです。当院に来られる方の多くは緊張性頭痛の方です。頭痛には種類があって大きくわけまして

  • 緊張型頭痛
  • 群発頭痛
  • 偏頭痛(片頭痛)
  • 緊張・偏頭痛混在

となっています。この中で肩こりが原因でよく起こる頭痛は緊張型頭痛です。症状としては 疲れるとストレスで起こる。 寝込むほどひどくはない。 体を動かしても痛みがひどくならない。 締め付けられる様に痛む 等があります。 これを今、読んでいる方にあてはまったりしてませんか?

緊張型頭痛について詳しくお話したいと思います。

何で肩こりがひどくなると頭痛がくるかというと

 

長時間スマホやパソコンをしていると首が前方変位してしまうことで首肩についている筋肉が硬くなってしまいます。そうすると肩についている筋肉が硬くなって首の筋肉も影響を受けて硬くなりますそうすると上記に示している肩甲挙筋や胸鎖乳突筋といった筋に血液がいかなくなります。

必然的に脳に行く血液の量も少なくなるので、頭に行く血液の量が減って、筋肉が緊張する事で乳酸といった痛みの物質ができている可能性があります。それが不快な頭痛を誘発しているのではないかとされています。

病院で処方されたお薬を飲んでも、飲んで一時はいいんだけど・・・    って事もよくあります。肩こりからくる頭痛の場合、首が前方にいって首肩の筋肉が常に緊張しているのが原因なのでその原因を取り除かない限りなかなか改善しないです。

あなたの骨格が今どのような状態になっているかをしっかり判断してから緊張している筋肉を特定しますので当院の肩こりが原因の頭痛の場合、まず、筋肉に対するアプローチをしてゆきます。

骨格と筋肉に対してしっかりと治療していけば改善していきますよ。

また、ご自身でも日常生活で首が前にいってしまっている事が多いと思いますので姿勢をきちんと整えば筋肉への負担が減って早く改善していきます。

また、首の問題からくる頭痛もあります。

・夕方になると頭の両側が締め付けられる様に痛む・・・

・以前は、頭痛の薬が効いていたのに、最近になって何か効きが悪くなってきてる・・・それで1日2回薬を飲む様になってきてしまっている。

・頭痛がひどい時には、肩こりもひどく感じている・・・

といった感じで症状が出てきます。

長時間スマホやパソコンをしていると首が前方変位してしまうことで首肩についている筋肉が硬くなってしまいます。

そうすると肩についている筋肉が硬くなって首の筋肉も影響を受けて硬くなりますそうすると上記に示している肩甲挙筋胸鎖乳突筋といった筋に血液がいかなくなります。

必然的に脳に行く血液の量も少なくなるので、頭に行く血液の量が減って、筋肉が緊張する事で乳酸といった痛みの物質ができている可能性があります。それが不快な頭痛を誘発しているのではないかとされています。

病院で処方されたお薬を飲んでも、飲んで一時はいいんだけど・・・ って事もよくあります。肩こりからくる頭痛の場合、首が前方にいって首肩の筋肉が常に緊張しているのが原因なのでその原因を取り除かない限りなかなか改善しないです。

あなたの骨格が今どのような状態になっているかをしっかり判断してから緊張している筋肉を特定しますので当院の肩こりが原因の頭痛の場合、まず、筋肉に対するアプローチをしてゆきます。

骨格と筋肉に対してしっかりと治療していけば改善していきますよ。

また、ご自身でも日常生活で首が前にいってしまっている事が多いと思いますので姿勢をきちんと整えば筋肉への負担が減って早く改善していきます。

他の頭痛についても説明します。

  • 群発頭痛は、発作としては30分〜120分ほどで、痛い側の鼻がつまったり、涙が出たりします。片目の奥がえぐられる様な激痛が起こります。主に男性に多い頭痛です。

 

  • 偏頭痛(片頭痛)は、時々ズキンズキンと脈打つ様な強い痛みで、身体を動かすと悪くなるの特徴です。女性に多い頭痛です。特徴として光や音に敏感になったりもするみたいです。

*しつこい頭痛に長期間困っている場合や、明らかに尋常ではない痛みがある場合は、神経内科や脳外科を受診する必要があります。

 

お気軽にご相談ください。




なの花鍼灸整骨院

東洋医学を使った治療はお任せください!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

鍼灸治療が中心の治療院を福岡天神で行っています。お体の全身を調整する治療を得意としています。また耳鍼治療を取り入れており、不定愁訴や自律神経の不調を改善することで再発を防ぐのを心がけています。