肩こりにならないために筋トレ

肩こりにならないために筋トレって必要なの?

という事ですが、まずは筋肉についてお話をしていきたいと思います。

筋肉には3つのタイプがあります。

  • 骨格筋
  • 平滑筋
  • 心筋

の3種類があります。

骨格筋は、主に体を動かす際に必要な筋肉で、自分の意志で動かせる随意筋です。筋肉の形状より横紋筋と呼ばれていて屈筋(関節が曲がる側についていて、縮む事で関節を曲げます)と伸筋(関節が曲がる側と反対についていて、縮む事で関節を伸ばします)にわかれます。骨格筋は、ご自身で鍛える事ができます。また、ホルモンの働きに左右される筋肉でもあります。多核細胞です。

平滑筋は、主に内臓に張り巡らされている筋肉で、自分の意志とは関係なく働く不随意筋です。

心筋は、心臓にある筋肉です。平滑筋と同じ不随意筋です。横紋筋でもあります。心筋の場合は単核細胞です。

この3つの筋肉のうち、自分で鍛える事が可能な筋肉は随意筋である骨格筋です。

この筋肉は、運動をして骨格筋を鍛えると、余分な糖分や脂肪を燃焼させますし、代謝もよくなります。年をとっても十分鍛える事もできます。

ここで筋肉を鍛えて筋肉量を増やすという事は、筋肉を構成する筋線維を太くする事です。

筋線維が太くなれば、筋肉量は大きくなりますし、筋線維が小さくなると筋肉量は減少します。

ここでなぜ筋線維が太くなるかというと、激しく運動すると筋線維が切れてしまいます。それを修復されていく事でどんどん太くなっていきます。筋肉を構成している筋線維には2種類あります。それは

  • 白筋
  • 赤筋

の2つあります。

白筋は、素早く収縮ができますがすぐ疲れやすい白色の線維です。赤筋は、収集はゆっくりしていますが疲れにくい赤色の線維です。

分かりやすく例をあげましょう。陸上の選手でいえば、短距離走者は白筋が多く、マラソン等の長距離走者は赤筋が多くなっています。

赤筋には毛細血管が多くて酸素がたっぷり供給されるので、ブドウ糖からエネルギーに変える力が強いです。この筋肉を鍛えると基礎代謝が上がります。

白筋には急な身体の動きに関与している筋肉です。年齢を重ねると赤筋と比べると減少しやすいです。ですので年をとると身体の動きが悪くなるのはこれが原因です。

また専門的な話となりますが

白筋と赤筋ではエネルギー(ATP)を作りだす方法が異なります。

前回のおさらいですが、白筋(速筋)は瞬発力に関係している筋肉で疲れやすい。赤筋(遅筋)で持久力に関係している筋肉で疲れにくい特性があります。

ここでなぜ、赤とか白とかに区別されているかというと

遅筋である赤筋が赤いのは、ミオグロビンという、酸素と結合しやすい酵素を多く含んでいるからです。白筋にはほとんど含まれていません。赤筋と白筋はATP(アデノシン三リン酸)という物質が分解されて発生するエネルギーを使って収縮します。

またATPの作り方も、赤筋と白筋では違ってきます。赤筋は、ミオグロビンが多く含まれているので長い時間に渡ってATPを合成する事ができます。白筋ではミオグロビンがないので、クレアチンリン酸という物質が無酸素でもエネルギーを作りだします。しかし短時間でしかないので、糖を分解する事でATPを作ろうとすると乳酸が生じて筋肉が固くなって疲れを感じやすくなったりもします。

ここでようやく本題となってきますが、

白筋を大きく太くするためには、運動の回数は少なくてもいいので、一度に強い負荷をかけるような運動があっており、無酸素運動はいいです。

赤筋を大きく太くするためには、いっぺんに強い負荷をかけずに回数を多く行う運動があっており、有酸素運動はいいです。

以上の事より、肩こりにならないために筋トレは、ゆっくりと時間をかけてやるのがいいですよ。

肩こりに効果のあるツボは以下の通りになります。鍼灸をする場合に大変有効です。

(参照:セイリン株式会社より)

  • 肩井(けんせい)
  • 肩髎(けんりょう)
  • 肩外兪(けんがいゆ)
  • 天宗(てんそう)
  • 膏肓(こうこう)
  • 雲門(うんもん)
  • 肩髃(けんぐう)

それぞれの肩こりのツボについて説明していきますね。

肩井(けんせい)ですが、場所は頭を前に傾けていただいて、その時に頭の部分から背骨を首から背中にかけてたどっていくと出っ張っている骨があるのがわかります(第七頸椎)それと肩の先端を結んだ点の真ん中の所にあります。筋肉は僧帽筋、神経は副神経・頚神経叢筋枝支配です。

肩髎(けんりょう)ですが、場所は肩甲骨の肩峰の後ろです。 筋肉は三角筋、神経は腋窩神経支配です。

肩外兪(けんがいゆ)ですが、場所は第1、第2の胸椎棘状突起間から指4本分外側にあるツボです。ここは肩こりの方は必ず凝る所です。筋肉は僧帽筋・肩甲挙筋、神経は副神経・頚神経叢筋枝・肩甲背神経支配です。

天宗(てんそう)ですが、場所は肩甲骨のちょうど真ん中あたりで、押すとズキっと痛みが走る所です。筋肉は棘下筋で神経は肩甲上神経支配です。

膏肓(こうこう)ですが、場所は肩甲骨の上角と下角を結ぶちょうど中間にあり、さらに肩甲骨の際にとります。筋肉は僧帽筋・菱形筋、神経は副神経・頚神経叢筋枝・肩甲背神経支配です。

雲門(うんもん)ですが、場所は胸の前、鎖骨のくぼみで、体の真ん中から親指の幅6本分外側にあります。筋肉は三角筋・大胸筋、神経は腋窩神経・胸筋神経支配です。

肩髃(けんぐう)ですが、場所は場所は肩の前後の中央で、角の部分。手を真横に上げたときにできる肩先のくぼみにあります。筋肉は三角筋、神経は腋窩神経支配です。

いかがでしたが、馴染みのない言葉ばかりで難しかったと思います。

今、ご紹介したツボにお灸をしたり、軽く押したりすると筋肉が緩みますよ。

ただし、早く肩こりを治そうとしてゴリゴリと強くするとその時は何かすっきりした気がするかもしれませんが筋肉が切れたりして余計肩こりがひどくなったりするのでお勧めしないです。

当院の整体は、マッサージみたいな事をするのは、ほとんどないですが多くの方の肩こりの原因が、首が前方変位してしまうことで肩についている筋肉が硬くなってしまいます。

そうすると肩についている筋肉が硬くなって首の筋肉も影響を受けて硬くなりますそうすると肩甲挙筋や胸鎖乳突筋といった筋に血液がいかなくなります。そして肩こりの原因の主な筋肉である僧帽筋が固くなってしまいます。つまり首と肩は相互関係で影響を受けあっています。

当院の治療は安全で痛くなく頭と肩の位置を正常にしていく事で肩こりの原因をとっていきます。それによって発生している頭痛・耳鳴り・めまい・吐き気の症状を改善させていきます。

お気軽にご相談ください。




なの花鍼灸整骨院

東洋医学を使った治療はお任せください!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

鍼灸治療が中心の治療院を福岡天神で行っています。お体の全身を調整する治療を得意としています。また耳鍼治療を取り入れており、不定愁訴や自律神経の不調を改善することで再発を防ぐのを心がけています。