西洋医学でのパニック障害に対してのアプローチの仕方

こんにちわ。東洋医学専門治療をしている福岡天神なの花鍼灸整骨院の多田です。

当院は、首・肩からくる自律神経の乱れからくるパニック障害の治療も得意としております。(原因は個人個人で違います)
西洋医学での治療でなかなか改善されない方や、お薬を飲み続ける治療に抵抗のある方等に喜ばれております。
パニック障害の治療は他の治療と比較すると改善するのに期間がかかってくる傾向がありますが、しっかりと治療をしていきます。
当院の治療を受けていただくのは、もちろんの事ですが 早く改善していくには枕の高さ 食事 姿勢 等が重要な鍵となってきます。
                                                    
西洋医学でのパニック障害の治療について述べましたが、今回はより深く書いていきたいと思います。西洋医学の治療法は大きく分けて2つあります。それは、薬物療法と精神療法です。

薬物療法ですがパニック障害では、くり返し起こるパニック発作が、更なる恐怖や不安を生むとされています。西洋医学の治療で大事な事は、まず発作の連鎖を止める事です。それは薬が有効とされています。薬によってパニック障害をコントロールするという考えです。しかしながら、薬を飲み続けると依存してしまうという事も大事です。

薬物治療の働きとして

・脳の中にある神経伝達物質のアンバランスを調整します。
・広場恐怖症を改善します。
・パニック障害の発作を抑えます。
・うつの状態を改善していきます。
・予期不安を改善させていきます。

・次の発作が起こらない様にします。

薬物療法を行う点の注意点は
・医師の指示通りにお薬を飲まないといけないです。
・症状が良くなっても薬を飲み続けないといけない。
・自分で薬をやめたり、少なくすると、また元に戻りやすい。
・薬は徐々に減らさないといけない。

・副作用が出た場合は、すぐに医師に相談する。

 

パニック障害の治療法として、効果があるとされているのが、精神療法です。
精神療法と聞いて何だか、嫌だな?と思われている方もいらっしゃると思いますが、単にご自身の脳で考えるパターンを修正させて、思考のパターンを修正する事です。例を挙げるとパソコンのプログラムのバグを直す感じです。

つまり思考のパターンが同じだと同じ間違いを起こす可能性が高いからです。

精神療法の内容として
・患者さんや家族が病気に対して理解を深める。
・カウンセリングを通じて、患者さん自身が問題を解決できるようにする。
・認知療法で、自分の思考のパターンを見つけて自分で修正させる。

・行動療法で、不安や恐怖にたいして慣れさせる。 といった内容です。

認知行動療法は、効果があらわれるのに時間や期間がかかるので根気よくしていくのが大事です。

 

パニック障害での病院での治療はどんな事をしているの? 治るの

ということでお話しをしていきたいと思います。

当院は東洋医学専門治療として首・肩を中心に治療を行っていますが、多くのパニック障害の方も来院されています。

肩とパニック障害?  と思われた方もいると思いますが

私は関係してる事が多いと思います。

正確にいうと 首にある自律神経とパニック障害の関係です。 当院は開院して今年で10年以上経ちましたが多くのパニック障害の方を診せていただいてきました。

その方々の多くに共通項があります。

それは、肩や首がこっているという症状です。

特に首が硬くなってしまっていて、首にある大事な自律神経を乱れている状態になってしまっている様です。

また、パニック障害の方は姿勢が乱れている事も多いので、姿勢も重要な要因となります。

ここで今回のテーマに戻りますが

西洋医学ではパニック障害の場合、心療内科や精神科を受診する事が多いです。また体のホルモンバランスが乱れた結果、症状が出てきたりするので総合的に体の状態を把握する必要があります。治療としては、薬物療法と心理療法が主体となってきます。

パニック障害の治療は3大症状である「パニック発作」、「予期不安」、「広場恐怖・外出恐怖」を解消していくことになります。

長期に渡って抗不安薬やSSRIという抗うつ薬の投薬を受けられている方も少なくありませんが、そういった方で、大きな発作自体はある程度治まっているものの「1人で外出できない」「車に一人で乗れない」「バスや電車に乗れない」「デパートなどの人ごみに行けない」「狭い部屋にいれない」 といった他人に理解されない症状が出てきます。お薬で症状をコントロールしている時はいいのですが、ふとしたときに急に大きな不安感に襲われるのは恐怖でしかないです。

これで治ればいいのですが、なかなか薬物療法と心理療法で改善していないのが実情です。

ですが、諦める事はないと思います。

当院に通院される場合は、西洋医学の病院と併用されていくのがベストであると私は考えます。

よく、お薬は体に悪いから・・・ 薬なしで治したい!! 

とおっしゃる方も多いのですが今まで飲んでいた薬を急にやめると、悪くなる事も多いです。

ですので時間はかかりますが確実に治していくのがいいと思います

 

お気軽にご相談ください。



なの花鍼灸整骨院

東洋医学を使った治療はお任せください!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

鍼灸治療が中心の治療院を福岡天神で行っています。お体の全身を調整する治療を得意としています。また耳鍼治療を取り入れており、不定愁訴や自律神経の不調を改善することで再発を防ぐのを心がけています。