頭痛と肩こり

当院のクライアントさんで当院に来られる前に脳神経外科に行ってきたお話で

10年近く片頭痛に悩まされていて、ひどいときには1週間毎日、頭痛薬を服用することもあったそうです。片頭痛持ちの知人から紹介されて脳神経外科の病院に行きました。診察してもうらうと、すぐに片頭痛ではなく肩こりからくる頭痛で、すぐにブロック注射、血流をよくする機械をして治療が終わりました。その後、数回通院しましたが、肩こりもとれずに、片頭痛もとれずに頭痛薬を服用してもあまり変わらないです・・・

という事ですが、頭痛がひどい時には脳神経外科に行く事はいいと思います。

薬も処方された通りに飲んでも、片頭痛が取れなかったという事で来院されました。

頭痛についてお話したいと思います。

頭痛には 片頭痛 緊張型頭痛 混合型頭痛 があります。

当院のクライアントさんを診てみると 30代〜40代の女性に多くみられます。

片頭痛は、脳の血管が拡張する事で周囲の神経が刺激を受けて起こる痛みで

緊張型頭痛は、首や肩などの筋肉が緊張して、血液の流れが悪くなった時に起こる痛みです。

混合型は、この2つが一緒になった痛みです。

ご自身でチェックできるのを用意しました。

 

✔︎毎日のように頭が痛くなる。

✔︎締め付けられる痛み。

✔︎後頭部が痛い

✔︎すぐに軽くなる

✔︎肩や首がこる

✔︎めまいがする。

✔︎温めると楽になる。

これが多く当てはまる方は、緊張性頭痛かもしれません。

当院に来られる方の多くが緊張性頭痛です。

当院の治療で姿勢(骨格)と筋肉を整える事によって、首や肩の負担が減ることになります。そうする事で肩から頭に付いている筋肉が緩んで血管や神経の圧迫が取れてきます。そうする事で肩こりが治ってくると自然と頭痛の頻度も少なくなってきて、頭痛のお薬から解放される様になってきます。

 

また

✔︎頭痛の頻度は10日に1回ぐらい。

✔︎ズキンズキンと脈を打つように痛む。

✔︎片方の頭が痛い。

✔︎痛くで歩く事ができない。

✔︎すぐに悪くなる。

✔︎音に敏感になる。

✔︎冷やすと楽になる。

これが多く当てはまる方は片頭痛の可能性があります。

片頭痛の特徴として、痛みが起こる30分前ぐらいに光がチカチカして見えたりもします。安静にするのが一番いいですよ。

いずれにしても、尋常でない頭痛が起こるのであればまずは、福岡の脳神経外科を受診されて、それでも頭痛が取れなければ当院の来られるのがいいと思います。

姿勢(骨格)と筋肉を整える事で頭痛は改善されます。

 

それは臨床で得た10年以上の経験で

肩を整えてあげると人間の身体は自然と健康になるとわかってきたからです。

肩の状態が悪い方のほとんどが、首の状態も悪くなっています。

それに伴って自律神経も乱れてきてしまいます。

当院は東洋医学専門治療院として皆さまに認知されていますが、実は肩こりは表れている症状にすぎません。

来院されているクライアントさんの多くは肩こりだけでなく様々な症状が一緒に出てきています。

肩こりが悪化すると 首こり 頭痛 吐き気 めまい 倦怠感 冷え 不眠 が出てきて自律神経が乱れたりもします。

人によってはパニック障害 うつ病 顔面神経麻痺 等を引き起こしたりもします。

肩こりを治す事は、身体のバランスを治す事と同じです。

肩こりを治すには骨格と筋肉を調整する事が大事になってきます!

私の知り得る東洋医学の知識・技術を使って、あなたを健康に導きます。

お気軽にご相談ください。

また別の方の悩みで

朝、起きた時に肩が重く、布団から起き上がろうとしたら何か頭が重い・・・

月に4〜5回は、頭の片側や両側に強い痛みが発作的に起こって目の前がキラキラ見えたりする・・・

脈を打つようにズキンズキンしたり、吐き気を伴うほどひどい・・・

こんな症状に悩まされていませんか?

これって肩こりからくる、慢性的な片頭痛かもしれませんね。

当院のクライアントさんを診ていると、このようなツライ症状は、女性が多いように感じます。

片頭痛はどうして起こるのか?というと

脳にある太い血管が広がって、その周りにある三叉神経が刺激をうけて起こるとされています。

なぜ、脳の血管が広がるのかというのは、未だにわかっていません。しかしながら、最近の研究で有力な考えとして 三叉神経血管説 とういうものがあります。 これは脳内のどこかで片頭痛を起こすものがあるとされて、そこからの刺激が三叉神経に伝わります。すると三叉神経が、ある脳内物質を出してそれによって血管が広がります。血管の周りに炎症が起こって、三叉神経を刺激します。その興奮が脳にいって頭痛や吐き気やツライ肩こりにつながっているのではないか? と考えられています。

ここで慢性片頭痛についてまとめておきます。

片頭痛と慢性片頭痛の違いは何か?というと

慢性片頭痛は、月に15回以上頭痛のある状態の事をいいます。痛み方はズキンズキンしたり、頭が締めつけられたりする感じがありますが、その状態が半分以上であるのならば慢性偏頭痛と判定されます。病院で処方される薬の鎮痛剤を使いすぎていると、うつ病や原因不明の肩こりや腰痛になってしまう事もあります。注意をしていた方がいいですね。

 

姿勢(骨格)と筋肉を整える事によって、首や肩の負担が減ることになります。そうする事で肩から頭に付いている筋肉が緩んで血管や神経の圧迫が取れてきます。そうする事で肩こりが治ってくると自然と頭痛の頻度も少なくなってきて、頭痛のお薬から解放される様になってきます。

ただし肩が痛いとかの単純な痛みが治ったりする期間よりも頭痛のある方は治るのに期間がかかります。

 

お気軽にご相談ください。




なの花鍼灸整骨院

東洋医学を使った治療はお任せください!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

鍼灸治療が中心の治療院を福岡天神で行っています。お体の全身を調整する治療を得意としています。また耳鍼治療を取り入れており、不定愁訴や自律神経の不調を改善することで再発を防ぐのを心がけています。