30代の自律神経の乱れで寝れないのを治すには

30代で自律神経が乱れることで、寝れなくなることは少なくないです。

ちょっとした工夫や心がけで、自律神経に優しい生活習慣を身につけることが

大事になってきます。

 

睡眠の重要性

暮らしのリズムの基本となる睡眠が大事になります。

睡眠は自律神経の乱れを治すのに効果的です。

実は、ストレスと睡眠障害は密接な関係があります。

しかしながら、この多忙な現代社会を生きる私たちにとっては質の良い睡眠が
一番難しいかもしれません。

寝る時間よりも起きる時間が重要になってきますよ。

例えば、休み前の金曜日にいつもより3時間程、遅く寝たとします。
少し長めの睡眠を確保しようと、お昼近くまで寝て
1日潰れるということも多いです。

こういう生活パターンは自律神経を乱れるのが進んでしまいます。

毎日、決まった時間に起きる

のが重要となります。そうする事で睡眠のリズムができるからです。

ある研究データによると、

どうしても長く寝たい場合は1時間程長くなるのは大丈夫だそうです。

また、昼寝の場合は30分までです。2時間とか長く昼寝をしてしまうと
夜の寝つきに影響が出てきます。よく寝れなくなったりすると睡眠の質は落ちていきます。

朝、決まった時間に起きて太陽の光を浴びて、栄養のたっぷりある食事をすることが
自律神経にも良い影響を与えていきます。

日光が大事

日光を浴びることで、ビタミンDの生成に欠かせないです。
ビタミンDはカルシウムの吸収をよくすることで、カルシウムはストレス解消に
効果があります。

30代の方の自律神経の乱れがさまざまな症状をもたらす病気は多いです。めまいや耳鳴りが起きるメニエール病、息苦しくなる過換気症候群、女性ホルモンに増減によって起こる更年期障害、便秘と下痢を繰り返す過敏性腸症候群があります。

また女性の更年期では卵巣から分泌される女性ホルモンが減少していきます。視床下部の機能がバランスを失って、自律神経系の働きにも影響を与えて色々な自律神経失調症状が出てきます。
いわゆる更年期障害といった症状です。

 

自律神経を整えるには?

入浴後の10分は瞑想に近いリラックス効果がある!

この時間を利用しないことは、ありません。睡眠導入剤を使わないで寝る習慣を持つことが
重要になってきます。お薬は体に負担がかかって良くないです。
お風呂の際にお湯は40度程で、熱すぎたり、ぬるすぎるのは血圧が上がりすぎて
自律神経によくないです。副交感神経を高めるにはゆっくりお風呂に入るのがいいです。

 

瞑想

瞑想は科学的根拠に基づいているので怪しく中でもアメリカの脳医学博士であるジョン氏が考案した「マインドフルネス」が有名です。たくさんの研究が行われて「瞑想は科学的に効果がある」と証明されています。

実は「マインドフルネス」では「自分の考え以外に注意を向ける」というのが重要な考え方です。

やり方としては、5分の瞑想でも十分な効果が得られるので、それを毎日続けてやってみてください。そのうちに明らかな自分の変化に気づいてきます。

やり方は2通りあります。ご自身がやり易かったり、効果を実感された方をしてください。

瞑想のやり方

其の1

1.  目を閉じて、深くまで息を吸い込みます。息を吸い込むときは、酸素があなたに入ってくる感じで。

2. ゆっくりと息を吐き出します。吐き出すときには、あなたが抱えている悩みが体から出ていくのを感じます。

3. この呼吸を3回繰り返します。

 

其の2

1. 背筋を伸ばし、快適な姿勢で座ります。

2. まず1秒間で静かに息を吸って、1秒間で静かに吐き出します。

3. 次に2秒間で息を吸って、2秒間で吐き出します。

4. 3秒間、4秒間…と続けて10秒間まで達したら、逆に戻ります。次は9秒間吸って、9秒間で吐き出しましょう。

5. これを3回繰り返します。

※この際、お尻の肛門は閉める感じですると効果が高まるそうです。

 

 

睡眠グッズにお金をかける

質の良い睡眠を得るには、質の良い睡眠グッズを手に入れる事が重要です。
枕、布団、アロマ、アイマスク、音楽と多岐にわたります。
あなたにあったアイテムを見つけてくださいね。

 

栄養をしっかり摂る

自律神経の働きよくする栄養素といえば

ビタミンB群とビタミンC群と亜鉛とイソフラボンのになります。
ビタミンB12は、日本人は不足しがちな栄養素と言われています。

抹消神経の代謝を促したり、内耳神経の働きをよくしてくれます。

ビタミンCは、抗ストレスホルモンの分泌を促す働きがあります。

亜鉛は免疫力やタンパク質の合成に関与しています。
イソフラボンは血圧を下げたり、冷え症予防の働きがあります。
これらが多く含まれているのが、植物性のタンパク質(プロテイン)です。

参考にされてください。




なの花鍼灸整骨院

東洋医学を使った治療はお任せください!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

鍼灸治療が中心の治療院を福岡天神で行っています。お体の全身を調整する治療を得意としています。また耳鍼治療を取り入れており、不定愁訴や自律神経の不調を改善することで再発を防ぐのを心がけています。