いきなり顔面神経麻痺になってしまった。。

ある朝、目が覚めたら様子がおかしい・・・

目が閉じられない。水を飲むと口からこぼれる。口笛が吹けない。口元を鏡で見ると歪んでいる。

これって 脳の病気???   なんで???

このような感じでいきなりの異変はやってきます。

どうしていいのか分からず、とりあえず病院に行く事に

そこでついた病名が

顔面神経麻痺

インターネットで調べてみても、書いてあることがバラバラで何が本当か分からない・・・

この様な方がすごく多いです。

また、目、口を開けたり閉じたりできなかったり、食べ物の味が分からない、耳の中が閉じた感じがする、音が響く、涙が出にくい、肩こり、腕のシビレといった症状が出るクライアントさんもすごく多いです。

顔面神経麻痺の場合、自然に回復する事もありますが、治療が遅れたりすると、顔の筋肉や顔の表情が固定してしまう事があったりします。

まず、西洋医学の病院に行かれた際にどの科に行っていいのかが分からないと思いますが

まずは、最初に耳鼻咽喉科の受診をお勧めいたします。

顔面神経麻痺の急性期の薬物治療に詳しい方がいればいいのですが、いない場合でも的確に治療をしていただけると思います。 急性期(顔面神経麻痺になってから10日前後)ではウィルスの増殖を予防する為の抗ウィルス剤と炎症によるむくみを最低限に抑える為の副腎皮質ホルモン剤を飲む事が必要になってきます。

ここで顔面神経麻痺なのに、なぜウィルスの話が???

と思われた方もいるかもしれないので説明しますね。

顔面神経麻痺のウィルスは、水疱瘡のウィルスです。 つまりヘルペスウイルスです。 小さい頃にかかって水疱瘡の残ったものが身体に残っていてそれが発症して顔面神経麻痺となっています。 このウィルスが時として帯状疱疹の原因となる事があります。

ですので、朝起きて顔に少しでも異常があるのであれば直ぐさま病院に行って応急処置をした後に病院に通院しながら当院の治療を受けていくといいと思います。

当院の顔面神経麻痺の鍼治療では、早期の鍼治療により麻痺した神経・筋肉を回復させます。

顔面神経麻痺は時間が経つほど、治りが悪く、後遺症が残ってしまいます。発症から半年以上経ってから治療を始めてから改善する方もいらっしゃいますが、できれば発症から2ヶ月以内までには針治療を始めた方がいいです。顔面神経麻痺については、西洋医学のお医者さんでも色々と考えがあって、早期に刺激した方がいいと言う方もいれば、1ヶ月は様子をみる為にステロイドのみの治療がいいと言う方もいます。 

私の考えとしては顔面神経麻痺が発症してから20日前後から顔面神経麻痺の治療をした方がいいと感じます。

そして顔面神経麻痺の後遺症を残さないようにしっかりと治療をしていきます。顔の針は一見怖いし痛そうに思いますが、実際は痛みは少しチックとする感じです。患者さんの中には眠ってしまう方もいらっしゃいます。

治療頻度としては、顔面神経麻痺発症から2ヶ月目にはできるだけ週2~3回の治療を行い、ある程度落ち着いてきたら週1~2回程度の治療となります。

 

いきなり朝、起きて顔面神経麻痺になってしまうと

起きた際にいきなり顔が歪んでしまうと、今まで経験のない様な感じと絶望感が襲います。

ここからは、急性期における顔面神経麻痺について詳しく解説したいと思います。

出典は 顔面神経麻痺が起きたらすぐに読む本 柏森良二 著 です。

上の絵は、顔の左の部分が顔面神経麻痺になってしまっています。

症状をまとめると

・左眼を閉じることができない。

・左側の唇から空気が漏れてしまう。

・唇を収縮できず口笛を吹けない。

・表情筋が右側に偏移している。

・左額の前頭筋(おでこです。)が収縮しないため、左眉があがらない。

・左口角が動かない。

といった症状がでます。この様な状態になったらすぐに耳鼻咽喉科に行かなければならないです。

できるだけ大きな総合病院の方がいいと私は思います。

総合病院の方が時間はかかりますが、稀に脳神経や脳に問題があって顔面神経麻痺になってしまっている事があるからです。

すぐに治ればいいのですが、なかなかそういうわけにはいかない事が多いです。

当院に来院されている顔面神経麻痺のクライアントさんの状態をみてみると、半年から1年かかる方が多い様に感じます。きちんと当院の治療と西洋医学の治療を病院で受けながら治療を併用していくのが一番いいです。




なの花鍼灸整骨院

東洋医学を使った治療はお任せください!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

鍼灸治療が中心の治療院を福岡天神で行っています。お体の全身を調整する治療を得意としています。また耳鍼治療を取り入れており、不定愁訴や自律神経の不調を改善することで再発を防ぐのを心がけています。