自律神経失調症の治療

なんか身体がだるい、きつい、朝起きれない・・・

それはもしかして自律神経失調症かもしれませんね。

自律神経失調症を西洋医学のお薬で治すには、なかなか大変です。

なんとなく調子が悪いけれど、病院でも原因が分からない、というような経験はありませんか?

それは、自律神経が原因かもしれません。私たちの健康には、自律神経の働きが大きな影響を及ぼしています。

最近の研究によって、そのメカニズムも明らかになってきています。

自律神経の役割は、脳が感知した情報を体に伝えることですが、呼吸 体温調節のようにコントロールできないものを動かし、生命活動を支えているのが自律神経です。

ところが、気温や気圧、環境の変化、対人関係などちょっとしたストレスで乱れやすいのが自律神経の特徴です。

その乱れが、胃腸不良 低体温 高血圧 不眠など様々な不調の原因となります。

しかし、この自律神経の乱れは自分で立て直す事ができます。

少しの事で乱れてしまう、自律神経。その原因はストレス、腸内環境の悪化 免疫力の低下 など様々です。

女性の場合は女性ホルモンの影響で自律神経が乱れてしまいます。

また年齢とともに自律神経が乱れます。

自律神経を構成している交感神経と副交感神経が乱れている事が多いです。

交感神経は、起きてる間に活発に働く神経です。

副交感神経は、寝ている間に活発に働いている神経です。

当院の治療では、耳にあるツボ(副交感神経を蘇る事を目的としています。) や 経絡色体療法によって自律神経を早期に整えていきます。

*クライアントさんのお身体の状態に合わせて治療をいたします。

ここで以下の様なご質問をいただきました。

不眠になってしまい病院に行くと首からくる自律神経失調症と言われました。最近は肩こりもひどくめまい 吐き気  が出てきました。友人から猫背矯正の整体治療がいいと聞きましたけど・・・ 何でいいんですか?

とクライアントさんからお聞きしたのでお答えします。

猫背矯正の整体治療がいいのはですね、

猫背になることで首から背中にかけての骨格が曲がる事で、背骨から出ている神経が圧迫されて、正常な働きができなくなるからです。それに伴って、自律神経が乱れる事で不眠になったりするからです。 頭が前方にいく事で首や肩についている筋肉が引っ張られる事で筋肉が固くなる事で肩こりが発生して、めまいや吐き気が起こる事があります。

姿勢をよくする事で自立神経の乱れを改善する事もできます。

首から自律神経が乱れるというのは、ちょっと想像がつかないかもしれませんが、交通事故のむち打ちのクライアントさんで、事故直後から激しいめまい・吐き気・不眠・倦怠感・鬱症状で悩まれる事があります。これは首の筋肉が硬直する事で首にある神経に影響があり、その様な症状が出ていると考えられています。なので首は大変重要な所です。首は英語でネックと言うくらい弱い所、急所であると思います。

また、女性の場合はPMS(月経前症候群)や更年期によっても病気でなくても身体の不調を起こします。

PMSというのは、排卵後〜生理前にかけて女性ホルモンが急変動する事で頭痛やむくみ等の身体の不調の他に脳内物質のセロトニンの低下によって気分が落ちてしまう症状も出てきます。生理が始まると治るのが特徴です。

更年期は、年齢を重ねるにつれて女性ホルモン(エストロゲン)ん急激な減少によって、倦怠感、のぼせ(ホットフラッシュ)、動悸、めまいなどの様々な不調が現れる時期の事です。症状には個人差があって、だいたい50歳前後に多いです。

話を戻しますが、猫背矯正をする事で骨格を整えます。それによって背骨から出てくる神経の働きを正常にする事で不眠や肩こり、めまい、吐き気といった症状を改善させていきます。また、当院に来院されるクライアントさんの多くの筋肉は長い年月を経てものすごく固くなっているので柔らかくするために電気やシール状の貼るタイプの痛くない鍼をしたりもします。

お気軽にご相談ください。

 

以下の様な治療をしていきます。

自律神経失調症の治療

これは、てい鍼 といって いわゆる刺さない鍼です。

これによって身体の状態を整えていきます。

鍼が苦手な方には、いいかもしれませんね。

 

自律神経失調症の治療

背骨のきわにツボがあります。
このツボを温めると自律神経失調症を改善していきますよ。

 

 

自律神経失調症の治療

足の裏にお灸をしていますが、これは湧泉(ゆうせん)といって
腎に関係しているツボです。
自律神経失調症に効果のあるツボです。

*患者さんによっては刺激が強い場合があるので注意が必要です。

 

上の絵は、韓国にある高麗手指艾です。

私は韓国語が分からないのですが、松ヤニを固めて、シャーペンの様に細くしたものです。

足や手の先の井穴(せいけつ)にしていきます。

井穴は、経気が出(脈気の出ところ)を主り、主治が心窩満(心窩部の膨満感や緊張)。陰経は井木穴(せいもくけつ)、陽経は井金穴(せいきんけつ)と呼ばれる。

この井穴には神経が集まっています。

この神経を刺激する事で自律神経を刺激して副交感神経を高めて自律神経失調症などを治していきます。

自律神経を整えれば免疫機能が上がっていきます。

自律神経は血液循環や免疫にも大きな影響を及ぼします。

免疫機能を高める為にも、日常の中で身体を温める事が重要になってきます。

副交感神経が適度に優位であれば、血流もよくなって免疫機能もアップします。

しかしながらストレスや不規則な生活で交感神経が優位になってくると血液量は悪くなって、免疫力も落ちます。

交感神経が優位になってくると身体中の筋肉が緊張して、血管が収縮して血液循環が悪くなります。

そうなると冷えや胃腸障害などの身体に悪影響が起こってきます。

また、白血球の働きも正常でなくなるので免疫機能も大きく低下してしまいます。

そこで、登場するのがお灸です。お灸によって身体を温める事で

落ちた身体の機能を回復させていきます。

特に指先を刺激すると白血球が増えるというデータも出ています。

皆様もお灸を活用してみてはいかがでしょうか?

お灸は近くのドラッグストアやamazon でも購入する事ができます。

*先ほどお伝えした高麗手指艾は、とても痛いです。また、お灸の後は少し皮膚がヒリヒリしてしまう事もありますので注意が必要です。

また、自律神経が乱れてしまうと冷えやすい身体になってしまいます。

年齢とともに運動量や筋肉量も減って血流が悪くなっていきます。
筋肉量を意識的に増やしていくという事も大事になります。

自律神経の3つの変動があるとされています。

・生涯変動

・日内変動

・年内変動

があるので注意も必要です。

この3つをきっちり考えていくと自律神経は乱れにくくなります。

 

 

 

自律神経失調症の治療

頭にもツボがあります。
頭部に自律神経のツボがあってここを刺激をする事で
自律神経をはじめてする精神的な病気に効果があるとされています。

以下 日本医師会のサイトよりの転載です。日本医師会のサイト

 

 

●自律神経失調症を防ぐには?

自律神経失調症から身を守るには、第一に自律神経が失調状態にならないようにストレスをコントロールすることです。そのためには、不規則な生活を改めたり、休養を十分に取ったり、リラックスできるようないわゆるストレス解消法をもつことです。

【生活のリズムを夜型から朝型へ変える】
自律神経の二つの神経は、一日の中で働く時間帯がだいたい決まっています。交感神経は身体を活発に動かすときに働く「活動型・アクセル型神経」で、主に日中働きます。一方、副交感神経は身体を休めて体力を回復させるときに働く「休息型・ブレーキ型神経」で、主に夜間働きます。
生活リズムが夜型になっている人は、副交感神経が働くことで体力を回復させる時間帯に交感神経が働いている状態です。身体が求めているリズムに逆らうことは、さまざまな症状が現れる原因です。就寝する時間を少しずつ早めて、朝起きることを心がけてリズムを正常に戻すようにしましょう。

【栄養バランスと時間帯を考えた食事をとる】
精神と肉体が健康的であるには、まずは食事が大切です。空腹を満たすためだけに、ファストフードや菓子・清涼飲料水ばかりをとっていては、身体を維持する栄養バランスが保てません。外食が多くなりがちな人は、品数の多い定食にしたり野菜類をとるなど、自分なりの工夫をしたいものです。


また、食事をとる時間帯についても、寝る前に食べるのは胃に負担をかけて翌朝の調子を崩すことになりかねません。夕食はなるべく早めにとることを心がけましょう。空腹感が強いときは温めたミルクなどを飲むのもよいでしょう。

参考にされたらいいと思います。

自律神経が乱れてくると、不定愁訴や更年期障害、血管や腸の不調も出てきます。

また免疫低下や鬱にも繋がってきます。

放っておくと深刻な病気になったりします。

自律神経ば乱れてくると身体にはどのような事が起こってくるのでしょうか?

自律神経は交感神経と副交感神経からなります。

このバランスが悪くなることで、自律神経が乱れてしまったときに、大きく影響を受けてしまうのが 

血液の流れ 腸 免疫力 です。

健康な方が病気になる原因は、血管系か免疫系によるトラブルが多いのですが、どちらも自律神経と関係があります。

血液の流れ 腸 免疫力 の3つはお互いに連動しています。

どれか一つでも悪くなると他にも影響を与えてしまいます。

自律神経が乱れてしまうと、血液の流れ 腸 免疫力 も影響を受けて放っておくと、身体にも様々な症状や病気が現れてきます。

めまい だるさ 疲れ 等の不定愁訴がみられます。

これらの症状は西洋医学の病院でも原因が発見されにくい事が多いです。

自律神経が整ってくると、疲れなくなったり、睡眠が深くなる 気持ちが穏やかになってきます。

まとめます。

自律神経が乱れてくると

血液の流れが悪くなります。そうなると自律神経の交感神経が副交感神経より優位になってくると血圧が上がって血管の老化が進んで、栄養分を十分に運べなくなります。

腸は自律神経が乱れると悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなります。そして腸を流れる血液も影響を受けてしまいます。また腸には多くの免疫細胞があるので、免疫機能もとても悪くなってしまいます。

免疫力も下がります。自律神経のバランスがいいと、免疫をつかさどる白血球のバランスもよくなります。
交感神経が高く、副交感神経が低くなってしまうと白血球のバランスも悪くなって免疫力が低下してしまいます。

それでは、どの様にしたらいいのでしょうか?

ずばり、副交感神経の機能を高める事が大変重要になってきます。

それは生活習慣を見直すのです。

睡眠 運動 食事のバランスを整える事です。

睡眠不足になってくると副交感神経が悪くなって、交感神経が高ぶってしまいます。
その結果、よく寝れない状態となります。

運動は大事です。適度な運動はいいのですが、ジョギングよりもウォーキングがお薦めです。

食事ですが、ゆっくりよく噛んで、腸と自律神経を整えるのが重要です。
食べ方としては、ストレスを感じずに楽しく食事を摂るのが重要になってきます。
私の考えとしては、1日3食にこだわらずに、糖(炭水化物) 脂質 タンパク質のバランスのとれた食事を摂る事が重要と思います。

*糖(炭水化物) : 白米 パン 等

 

*脂質 :ナッツ類 魚介類 油  等

 

*タンパク質 :肉類 魚介類 卵  大豆・大豆製品 乳製品 等

 

お気軽にご相談ください。  




なの花鍼灸整骨院

東洋医学を使った治療はお任せください!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

鍼灸治療が中心の治療院を福岡天神で行っています。お体の全身を調整する治療を得意としています。また耳鍼治療を取り入れており、不定愁訴や自律神経の不調を改善することで再発を防ぐのを心がけています。