顔面神経麻痺の鍼治療を受ける際に気をつけた方がいい事 

今回のテーマは 顔面神経麻痺の鍼治療を受ける際に気をつけた方がいい事 です。

一度、神経が切れてしまった後、再生し始めた神経繊維は、また神経同士がつながろうとして、神経を伸ばしていきます。

顔面神経麻痺

このグラフは、顔面神経の回復過程を表しているものです。 出典は 顔面神経麻痺が起こったらすぐに読む本です。 柏森良二 著

このグラフから言えることは、麻痺をしている表情筋を動かしたり、電気で表情筋を刺激して動かす事は顔面神経の再生のために有効です。しかしながら、もとにあった神経の場所でない所にも神経が伸びていくので、迷入再生となってしまって後遺症がひどくなることもあるのです。

例えば、目の周りにある眼輪筋は自然なまばたきや、口の周りにある口輪筋は食べたりしゃべったりする事で、筋肉の収縮が1日に2万回も及んでしまう事があります。このことから、これらの表情筋には迷入再生繊維ができやすくなってしまいます。

それによって、病的共同運動と言って 口笛吹き 頬膨らまし をすると眼が細くなってしまったり、まぶたが閉じてしまう、また、眼を閉じると、麻痺のある側の口角が上方、外側に引きつってしまう、といった特徴の動作が出てきてしまいます。

顔面神経麻痺のリハビリは、この点が難しいといわれています。

発症から3ヶ月目ぐらいまでは、順調に回復をしていくのですが、迷入再生は(神経が再生する際にごちゃごちゃと他の神経と繋がってしまう事)4ヶ月まででない事が多いので、この際の治療で早く治そう、もとに戻そうと麻痺した部分をゴリゴリマッサージしたり、かなり強い電気の治療はよくないので注意が必要です。

前頭筋 眼輪筋 上唇挙筋 頬骨筋 笑筋 に多くみられる感じがします。。

当院では、その点も含めてしっかりとクライアントさんの顔面神経麻痺の状態に合わせた治療をしていくので、おまかせください!

また顔面神経麻痺の後遺症についてですが

多くの顔面神経麻痺は、最初は軽い症状から始まって、2日目、3日目と次第に症状が悪化して、やがて麻痺し始めた部分の表情筋は完全に麻痺してしまいます。

この経過は、顔面神経麻痺の表情筋は完全に麻痺してしまいます。この状態は、顔面神経の炎症と浮腫による圧迫と損傷が起こって、表情筋に向かって神経繊維が切れてしまっているのです。したがってこの状態から顔面神経に炎症を起こしているウィルスに対しての薬が必要となってきます。一般的に顔面神経麻痺の症状は5日から7日ごろに固定します。その後に早期に回復することもありますし、長引く可能性もあります。

回復期に顔面神経麻痺の発症から数日の間においての、神経損傷の程度によってその後の回復に差が出てくると考えられています。

損傷した神経は、自己を修復しようと神経の再生をします。

上にある表は、神経の切れた箇所の修復の過程を表したものです。  出典は 顔面神経麻痺が起きたらすぐに読む本です。 柏森良二 著

 

実は神経の切れた箇所によって修復する時間も違ってきます。

・脱髄

・軸索断裂

・神経断裂

です。

脱髄では、神経が切れてところでの伝導ブロックが改善されてくると3週間ほどで治ります。

軸索断裂においては、神経内膜に導かれるように1日1ミリで再生して3ヶ月ほどで治ります。

神経断裂においては、3ヶ月ほどぐらいまでは順調に回復してきますが、4ヶ月以降が迷入再生から病的共同運動、顔の表情筋の筋力低下等の後遺症が見られてきます。ここから回復するのが大変になってきます。

まとめると、顔面神経麻痺の後遺症が残る、残らない、治療期間は最初の数日間で決まってしまうという事です。

 

当院の顔面神経麻痺の鍼治療では、早期の鍼治療により麻痺した神経・筋肉を回復させます。顔面神経麻痺は時間が経つほど、治りが悪く、後遺症が残ってしまいます。

発症から半年以上経ってから治療を始めてから改善する方もいらっしゃいますが、できれば発症から2ヶ月以内までには針治療を始めた方がいいです。顔面神経麻痺については、西洋医学のお医者さんでも色々と考えがあって、早期に刺激した方がいいと言う方もいれば、1ヶ月は様子をみる為にステロイドのみの治療がいいと言う方もいます。  

私の考えとしては顔面神経麻痺が発症してから30日前後から顔面神経麻痺の治療をした方がいいと感じます。そして顔面神経麻痺の後遺症を残さないようにしっかりと治療をしていきます。

顔の針は一見怖いし痛そうに思いますが、実際は痛みは少しチックとする感じです。患者さんの中には眠ってしまう方もいらっしゃいます。治療頻度としては、顔面神経麻痺発症から2ヶ月目にはできるだけ週2~3回の治療を行い、ある程度落ち着いてきたら週1~2回程度の治療となります。

 

お気軽にご相談ください。



なの花鍼灸整骨院

東洋医学を使った治療はお任せください!




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

鍼灸治療が中心の治療院を福岡天神で行っています。お体の全身を調整する治療を得意としています。また耳鍼治療を取り入れており、不定愁訴や自律神経の不調を改善することで再発を防ぐのを心がけています。